【主教メッセージ】緊急事態宣言の対象地域拡大を受けて

緊急のお願いと告知:2020年04月17日

横浜教区の皆さまへ

緊急事態宣言の対象地域拡大を受けて

✟主の平和がありますように。
先週4月7日に、安倍首相から7都府県を対象に緊急事態宣言が出されましたが、なお感染拡大が止まない中、昨日、その対象地域が全国へと拡大されました。
これを受けて、教役者と信徒が一堂に会してささげる礼拝および集会を休止する地域を、教区全域といたします。
今まで対象外であった静岡県および山梨県を含めた教区全域において、5月6日(水・休日)までの間、礼拝および集会をすべて休止することといたします。
なお、教役者がそれぞれ遣わされている教会において、主日を含む定時の礼拝を守る場合は、引き続き非公開としてください。また信徒の皆さんは、その時間に合わせて各自のおられる場所にてごいっしょにお祈りください。

その後のことにつきましては常置委員会で改めて対応を協議し、今月末もしくは5月初めにお知らせいたします。

ウイルスに感染した方、殊に重症の方、医療に従事されている方、その他、こうした中でさまざまな困難と困惑の内にある方に、主の癒しと慰め、励ましと御守り、祝福が豊かにありますようお祈りいたします。

主にありて

2020年4月17日

横浜教区主教
主教イグナシオ入江 修

bp-msg-20200417のサムネイル