【教区主教メッセージ】横浜教区の皆さまへ(新型コロナ・ウイルス関連 2022年5月11日付) 詳細

2022年横浜教区宣教主日のご案内

2022年2月27日 大斎節前主日

「神がわたしたちを憐れみ、祝福し
  み顔の輝きを わたしたちに向けてくださいますように
 あなたの道をこの地が知り
  み救いをすべての⺠が知るために。」
(詩編67編2・3節)

大斎節前主日(2022年は2月27日)は、横浜教区が定める「宣教主日」です。
当日の信施は「難民面会支援ボランティア、寿町プロジェクト等の社会宣教、教区内伝道の働き、青少年諸活動等」のために献げられます。

※この特別信施金は、
「2021年日本聖公会横浜教区第83(定期)教区会 決議第15号特別信施金の件
2022年から2025年まで、以下の特別信施金をささげることとする。(1)宣教主日(大斎節前主日)の信施。『特定の宣教活動をおぼえ、そのために代祷をささげ、かつ当日の信施をその活動のためにささげる』(1976年第32(定期)教区会決議第12号)というこの主日の意義を再確認し、具体的な奉献先を決めてゆくこととする。信施奉献先に関しては協働主事会の決定に委ねる。」に基づいたものです。

横浜教区協働主事会

SNSへのシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!