【教区主教メッセージ】礼拝指針(2022年6月版)修正版 詳細

「キリストの平和を私たちの心に」

司祭 ルカ 片山 謙
林間聖バルナバ教会牧師
厚木聖ヨハネ教会管理牧師

目次

聖霊降臨後第8主日(特定13)

キリスト者
ロシアのウクライナ侵攻により始まった両国の戦争により、多くの人命がその犠牲になっています。ロシアもウクライナもキリスト者の多い国であることから宗教者として指導者たちによる停戦への働きかけを期待するところですが、残念ながらロシアの教会指導者にその働きかけは見られません。 2018年にイスタンブールで行われた東方正教会の主教会議で17世紀以降ロシア正教会の管轄下であったウクイナがウクライナ正教会として独立することが認められました。この決定にロシア正教会は猛反発し、コンスタンチノープル総主教庁とロシア正教会の間に深刻な断交が生じました。独立問題に端を発したウクライナとロシアの正教会の不和が続く中、それに同調するかのようにこの度の軍事侵攻が始まりました。同じイエス・キリストを主と仰ぐ多くの人々が戦場で命を奪い合い、武器を持たない民間人は同じ神に救いを求めて絶えず祈っています。

「キリスト者」とは何でしょうか。私たちはこの悲惨な状況を前にして、自ら問い直す必要があります。教会に属し、教会で神を礼拝してい る人でしょうか。今戦闘している多くの人もそのようにしています。神が私たちをキリスト者としてくださったそのみ心に注目したいと思います。

新しい人を身に着ける
コロサイの信徒への手紙の第三章では、古い人をその行いと共に脱ぎ捨て、造り主の姿に倣う新しい人を身に着け、日々新たにされるよう私たちに呼びかけます。そのためには、怒り、憤り、悪意、そしり、口から出る恥ずべき言葉を捨てることが必要で、もし地上的なもの、すなわち、みだらな行い、不潔な行い、情欲、悪い欲望、および貪欲を捨てないならば、神の怒りが下ることを教えています。 私たちは貪欲という偶像礼拝に傾く危うさも持っていますが、神は同じ私たちに新しい人を身に着けるよう招いておられます。憐れみの心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に付け、互いに忍び合い、責めるべきことがあっても、赦し合うことのできる新しい人です。この新しい人を身に着けるために、私たちは「キリスト者」とされたのです。

キリストの平和にあずかる
そして、私たちはキリストの平和にあずかります。 「これらすべてに加えて、愛を身に着けなさい。愛は、すべてを完成させるきずなです。また、キリストの平和があなたがたの心を支配するようにしなさい。この平和にあずからせるために、あなたがたは招かれて一つの体とされたのです。」(コロサイ3・14,15)私たちは実生活で命を尊び、愛に生きることによって真正なキリスト者へと成長するよう導かれます。平和宣教月間である8月、より一層、キリストとの一致を求め日々の生活に励みましょう。

『横浜教区報』2022年8月号巻頭言より

SNSへのシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる