【教区主教メッセージ】礼拝指針(2022年6月版)修正版 詳細

「み教えを生きる」

司祭ダビデ渡部明央
横浜聖アンデレ教会牧師
川崎聖パウロ教会管理牧師

聖霊降臨後第22主日(特定27)

特定27の特祷は次のように祈ります。


「全能の神よ、何ものもあなたの支配に逆らうことはできません。どうかこの世の変動の中においても、常にみ国の到来とみ心の成就を望み、確かな信仰をもってひたすら主に仕えさせてください。」


 この世の変動の中においてもと言っていますが、わたしたちは今まさに、この世の移り変わりの只中にいるのではないでしょうか。


 新型コロナウィルスのパンデミック、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻、次々と起こる大規模な自然災害……。様々に起こる出来事に、不安と恐れを抱えている人、また困難のうちに生きる人が大勢います。わたしたち自身も多かれ少なかれ、不安や恐れを抱えているでしょう。


 先の特祷は、この世の変動の中においても、常にみ国の到来とみ心の成就を待ち望み、確かな信仰をもってひたすら主に仕えなさい、と祈ります。これは、この世がどう移り変わろうとも、信仰を持ち続けて生きていきなさい、と呼びかけられているのです。たとえ困難や苦しいことが訪れても、主イエスさまを仰ぎ見て、主を信頼して生きていきなさい、と祈りのうちに示されているのです。


 移り変わるのはひとりの人間においても起こることです。わたしたちは年を経るにつれ、体も変化すれば、考え方や物の見方が変わることがあります。病を患うこともあれば、今までできたことができなくなっていきます。そのように体の内外で変化がわたしたちにも起こり、時としてその変化はわたしたち自身を苦しめます。


 この世の移り変わり、そして自分自身が変化していく中においても、わたしたちは主イエスさまへの信仰を変わらずにもち続けて参りたいと思います。


「神はあなたがたを、救われるべき者の初穂としてお選びになったからです。神は、このことのために、すなわち、わたしたちの主イエス・キリストの栄光にあずからせるために、わたしたちの福音を通して、あなたがたを招かれたのです。ですから、兄弟たち、しっかり立って、わたしたちが説教や手紙で伝えた教えを固く守り続けなさい。」(Ⅱテサ 2・13、14)


教会暦は間もなく一年の終わりを迎え、主日のみ言葉は終末を想起させる箇所が選ばれます。終末は主イエスさまの再臨の時です。その時に向けて教えを固く守り続けていきなさい、と呼びかけられています。わたしたちが主を仰ぎ見て日々を過ごすとき、神がどれほどわたしたちを愛してくださっているかが示されます。その愛に触れることで、わたしたちは主によって強められ、生きる力を与えられていくのです。


み言葉を聞き、祈り、聖餐によって養われる日々の信仰生活を大切に過ごして参りたいと思います。そして主のみ教えを生きる者となりますよう祈り求めて参りましょう。

(『横浜教区報』2022年11月号巻頭言より)

旧約聖書 ヨブ記 19:23-27a
詩編 17:1-8
使徒書 テサロニケの信徒への手紙 Ⅱ 2:13-3:5
福音書 ルカによる福音書 20:27,(28-33),34-38
SNSへのシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!