【教区主教メッセージ】緊急事態宣言の再発令を受けて(2021年1月8日)

新着情報, 緊急のお願いと告知:2021年01月9日

横浜教区のみなさまへ

緊急事態宣言の再発令を受けて

✟主の平和 をお祈りいたします。

昨日1月7日に政府より、神奈川県と千葉県を含む首都圏の1都3県に緊急事態宣言が発令されました。
ここ数日の感染者の増大は“爆発的”とも見られ、神奈川県と千葉県にある幾つかの教会では、公開での礼拝の休止を決めています。
改めまして今一度、礼拝指針(改訂版・2020年5月25日)をご確認いただき、教会の礼拝および集会、またその行き帰りの途中での感染を防ぐための対応を取っていただくようお願いいたします。

なお、主教座聖堂におきましては主日の午前10時30分より主日聖餐式をささげ、主日の午前中にはユーチューブにて配信できるようにして、共に祈りの時を持っていただけるようにいたします。司式は教区主教、教区主教が巡杖の場合は小林司祭(横浜聖アンデレ教会主教座聖堂)です。

それと共に、懸命に治療に当たっておられる医療関係者、また感染者とそのご家族、そして新型コロナウイルスの感染が続く中、生活に困窮されている多くの人々を憶えたいと思います。
どうか、これらの方々を主が癒し、慰め、励ましてくださり、この困難を共に支え合いながら乗り越えてゆくことができますようお祈りいたします。
そして、教区の皆さまもまた、体調管理に充分ご留意いただきますよう重ねてお願いいたします。

主にありて

2021 年 1 月 8 日

横浜教区主教
主教 イグナシオ 入江 修

緊急事態宣言の再発令を受けて20210108のサムネイル

【教区主教メッセージ】5月7日(木)以降の礼拝について

緊急のお願いと告知:2020年05月1日

横浜教区の皆さまへ

5月7日(木)以降の礼拝について

✟主の平和がありますように。
4月7日(火)に安倍首相より、5月6日(水)までの1か月間、7都府県を対象に緊急事態宣言が出されました。その後、4月16日(木)にはその対象地域が全国へと拡大されて2週間が過ぎました。
確かに人出は大幅に減少し、感染者数も頭打ちのようにも思われますが、いまだ収束の兆しが見えたとはなかなか言い難い状況です。
4月29日(水)にウェブ会議にて開催された臨時の常置委員会での協議を踏まえ、横浜教区では緊急事態宣言が終わる5月7日(木)以降の礼拝につきましては、以下のようにいたします。

  1. 横浜教区の全県(神奈川、千葉、静岡、山梨の各県)および東京都を合わせた1都4県のすべての地域で緊急事態宣言が解除されるまでの間、一堂に会しての礼拝は引き続き休止といたします。
  2. その間、教役者はそれぞれ遣わされている教会において、一堂に会することを避けて引き続き非公開で、主日を含む定時の礼拝を守るようにしてください。また信徒の皆さんは、その時間に合わせて各自のおられる場所にてごいっしょにお祈りください。
  3. その他のことにつきましては、「緊急事態宣言を受けて」(4月8日)に記載した内容を継続してください。

なお、常置委員会および協働主事会での協議を踏まえ、主日の11時より主教座聖堂にて教区主教司式によりささげられている聖餐式の映像(当日の録画)を5月3日(日)午後より配信することにいたしました。毎週、更新いたします。
横浜教区ホームページに、映像のリンクがあります。
https://anglican.yokohama/
礼拝は、本来、私たちが教会に共に集い、そこでささげられるものであります。しかしながら、3月より主日礼拝が休止されているという異例の事態の中で、皆さまの信仰生活の一助として礼拝が再開されるまでの期間に限り、映像の配信をいたします。その点を充分、ご理解くださり、礼拝が再開された時には、それぞれの教会に共に集い、感謝・賛美の祭りをおささげいたしましょう。

一日も早い感染の収束と、感染した方、殊に重篤な方、医療に従事されている方、その他、こうした中でさまざまな困難と困惑の内にある方に主の癒しと慰め、励ましと御守り、そして祝福が豊かにありますようお祈りいたします。

主にありて

2020年5月1日

横浜教区主教
主教イグナシオ入江 修

bp-msg-20200501cnvのサムネイル

【主教メッセージ】緊急事態宣言の対象地域拡大を受けて

緊急のお願いと告知:2020年04月17日

横浜教区の皆さまへ

緊急事態宣言の対象地域拡大を受けて

✟主の平和がありますように。
先週4月7日に、安倍首相から7都府県を対象に緊急事態宣言が出されましたが、なお感染拡大が止まない中、昨日、その対象地域が全国へと拡大されました。
これを受けて、教役者と信徒が一堂に会してささげる礼拝および集会を休止する地域を、教区全域といたします。
今まで対象外であった静岡県および山梨県を含めた教区全域において、5月6日(水・休日)までの間、礼拝および集会をすべて休止することといたします。
なお、教役者がそれぞれ遣わされている教会において、主日を含む定時の礼拝を守る場合は、引き続き非公開としてください。また信徒の皆さんは、その時間に合わせて各自のおられる場所にてごいっしょにお祈りください。

その後のことにつきましては常置委員会で改めて対応を協議し、今月末もしくは5月初めにお知らせいたします。

ウイルスに感染した方、殊に重症の方、医療に従事されている方、その他、こうした中でさまざまな困難と困惑の内にある方に、主の癒しと慰め、励ましと御守り、祝福が豊かにありますようお祈りいたします。

主にありて

2020年4月17日

横浜教区主教
主教イグナシオ入江 修

bp-msg-20200417のサムネイル

 

【主教メッセージ】礼拝を休止している地域の皆さまへ

緊急のお願いと告知:2020年04月15日

礼拝を休止している地域の皆さまへ

地域を越えての礼拝出席自粛のお願い

✟主のご復活をお祝い申し上げます。
しかしながら、多くの教会では、ウイルス感染の拡大が続く中、一部の地域を除いて、ご復活日の礼拝を共に集まっておささげすることができない状況であったことと思います。

さて、4月7日に7都府県を対象地域として政府より緊急事態宣言が出されました。横浜教区ではこれを受けて、対象地域となった神奈川県および千葉県のすべての教会で礼拝を休止することといたしました。
ところが4月8日以降、横浜教区内で礼拝が継続されていた静岡県のある教会には、「聖公会信徒だが、イースターの礼拝が行われると聞いた。伺いたい」という電話が10件以上あったということです。
結果的には伊東・沼津・清水・静岡の各教会では、現地の状況判断に基づき、教区主教了承のもと、礼拝を休止しておりましたので、礼拝を休止していた地域の方が押し寄せるという状況はなかったものの、現地ではその対応に大変、苦慮いたしました。

現在、横浜教区内では、山梨県全域と静岡県の一部の教会で礼拝を継続しております。
しかしながら、これらの地域に、礼拝を休止している教会の信徒が出掛けて行くことにつきましては、感染拡大の防止を目的とする緊急事態宣言の趣旨からも外れるものと言わざるを得ません。
もちろん、ご復活日に一堂に会して共に礼拝をおささげしたいという思いは聖公会の信徒としてもっともであり、充分、理解できることではありますが、何ゆえ、聖週からご復活日においてさえも礼拝を休止せざるを得ないのか、どうかそのことの意味をご理解いただきますようお願いいたします。

また、礼拝を休止している教会におかれましては、ウイルス感染の拡大がなお続く間、地域を越えて礼拝を継続している教会の礼拝に出席されることは、どうか自粛していただきますよう、教役者からもご指導くださいますよう併せてよろしくお願いいたします。

感染の収束と、感染された方、殊に重症となっている方、また医療に従事されている方、そしてこのような状況にあってさまざまな困難を抱えている方を憶えて、主の癒しと慰め、励ましと導き、そして祝福をお祈りいたします。

主にありて

 2020年4月15日

横浜教区主教
主教イグナシオ入江 修

bp-msg-20200415のサムネイル
礼拝を休止している地域の皆さまへ

【教区主教メッセージ】緊急事態宣言を受けて

緊急のお願いと告知:2020年04月8日

横浜教区の皆さまへ

緊急事態宣言を受けて

✟主の平和がありますように。

 聖週を控えた3月末には、教区内の一部地域の主日礼拝を再開することといたしましたが、4月7日、安倍首相から7都府県を対象に緊急事態宣言が出されました。
今後、聖週および復活日の礼拝を休止しなければならないことは私たちにとりまして痛恨の極みですが、これを受けて、教区内の礼拝・集会につきましては、以下のように対応してください。

  1. 緊急事態宣言の対象となった神奈川県と千葉県においては、5月6日までの間、教役者と信徒が一堂に会してささげる礼拝および集会は、すべて休止といたします。
  2. 対象外の静岡県と山梨県においてはこの限りではありませんが、現地の状況が更に悪化した場合は、牧師が教会委員会に諮り、主日を含むすべての礼拝および集会を休止することもお含みおきください。休止の判断をした際は、教区主教に報告してください。
  3. 緊急を要する会合および葬儀については、感染防止を徹底し、できる限り参加者を限定した上で行ってください。なお、飲食は自粛願います。
  4. 万一、教役者とその同居の家族の中で感染者が出た場合は、感染の更なる拡大を防ぐため、教会でのすべての礼拝および集会を休止してください。
  5. 教区立の幼稚園・保育園は、自治体の通達や指示に従い、その要請にはできるだけ協力するようにしてください。なお、集団感染防止のため、職員・園児およびその家族などの関係者が感染した場合は、休園してください。
    ☞ 認定こども園あおばと(大磯)が2月26日付で保護者向けに出した通知を参考にしてください。

 聖週および復活日の礼拝を休止せざるを得ない状況と判断し、上記のような対応といたしました。
緊急事態宣言の対象となった神奈川県と千葉県では、教役者が、それぞれ遣わされている教会で、主日を含む定時の礼拝および聖なる3日間の礼拝(祈り)を守る場合は非公開としてください。そして信徒の皆さんは、その時間に合わせて各自のおられる場所でごいっしょにお祈りください。

 今こうした状況にありましても互いにつながり、主にある交わりを保つことに努めましょう。そして、このような危機をごいっしょに乗り越えて参りましょう。
主教座聖堂では、聖なる3日間の礼拝および主日の11時に主教司式による聖餐式を、非公開でおささげします。
※主日礼拝を継続できる地域への主教巡杖の際は、その教会の定時にささげます。

 いつどのような状況にあろうとも、常に主が皆さんと共におられ、皆さんを祝福し、恵みと力をお与えくださいますように。

主にありて

2020年4月8日

横浜教区主教
主教イグナシオ入江 修

緊急事態宣言を受けて_20200408_webのサムネイル