【教区主教メッセージ】『礼拝指針』(2021年11月9日版) 詳細

浜松聖アンデレ教会

所在地・連絡先

432-8022
浜松市山手町6-14
tel. & fax. 053-453-4376

教会ホームページ

http://nskk.org/yokohama/hamamats/

礼拝時間

主日(日曜日)

聖餐式 7:00 /10:30(説教)
日曜学校礼拝 9:00
夕の礼拝 18:30(第2日曜は 20:00)

祝日(教会暦)

聖餐式 9:00

平日

朝の礼拝 7:00(除く月曜) 夕の礼拝 18:30(除く月曜)

黙想

第1金曜日 20:00~21:00

教会紹介・沿革

浜松聖アンデレ教会は、横浜教区の最西端に位置する教会で、2016年6月に伝道開始から119年目、教会設立から100周年を迎えた伝統ある教会です。
浜松市の閑静な住宅街にあり、瓦葺、白壁造り、内部は障子張りの純和風の教会で、建設当時は畳敷きでしたが、現在は板張りに改装されています。聖堂には4人掛けの礼拝用椅子が16脚あり、毎主日の礼拝参加者は、20人程度です。
聖堂内には、今ではほとんど見かけなくなった足踏み式オルガンが設置され毎主日の聖歌の伴奏で豊かな音色を響かせています。

当教会は、1897年10月静岡在住の山縣与根二司祭により伝道活動が始められ、1901年7月、聖ペテロ教会より来任された塩崎信吉伝道師により袋町に最初の講義所が設けられました。
1916年6月、W.A.リチャーズ司祭が元魚町に定住し、聖アンデレ教会が設立され、1931年6月に聖堂が完成しましたが、1945年第二次世界大戦の空襲で全建物を焼失しました。その後山手町に土地を購入し1954年6月19日新しい聖堂が再建され現在に至っています。
当教会の礼拝時間、交通、トピックス等新しい情報につきましては、当教会のホームページをご覧ください。

教役者

牧師: 司祭 バルナバ 吉川よしかわ 智之ともゆき(定住)